ニュースNEWS

All Aboutが自社のライフイベントデータを活用し、企業のOne to Oneマーケティングを推進する基盤として「KARTE」を採用
媒体社(All About)と出稿する企業ブランドサイトを横断し、分散した顧客の体験をKARTEで統合してリアルタイムに可視化。ユーザー毎の興味関心に沿った最適な顧客体験を可能に

株式会社プレイドが提供する「KARTE(カルテ)」が、株式会社オールアバウト(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:江幡哲也)の提供する総合情報サイト「All About」に導入されることが決定しました。ユーザーがAll Aboutのサイトから、出稿する企業ブランドサイトに移動した際にも、All Aboutに蓄積したユーザーのライフイベントデータを活用しながらブランドサイト内での行動や体験を人軸で統合し、リアルタイムに分析・可視化。属性や興味・検討度合い(スコアリングによる定量化)に合わせたコミュニケーションを実施するなど、顧客毎に最適なサービス体験の設計が可能になります。

尚、本件は本日同時にプレスリリースにて発表した「KARTE CX CONNECT」というサイト間やドメイン間、オンライン・オフラインで分断した顧客の体験を、KARTEで統合するサービスをメディア(媒体社)向けに提供した第一弾案件となります。

【本連携のイメージ】

All About とKARTEの連携について

All About の「金融」「住宅」「妊娠出産・子育て」「結婚」カテゴリにKARTEが連携し、コンテンツの接触や読了率などを含めてユーザーをリアルタイムに可視化し、行動・嗜好情報やライフステージに関するユーザー情報(ライフイベントデータ)を解析。ユーザーがAll Aboutに出稿する企業ブランドサイトへ移動した際にも、広告主はKARTEを導入することでAll Aboutと自社サイト内を横断してユーザーを統合し、行動や体験をリアルタイムに把握できるようになります。それにより、属性や興味、検討度合い(スコアリングによる定量化)などから、ユーザー毎に合わせた最適な顧客体験を設計し、個別に最適なコミュニケーションが可能になります。

また、最終購買がオンラインを離れてオフラインで行われることが多い住宅や金融サービスにおいても、オフラインのタッチポイントにKARTEを導入することで実店舗側を繋げたリアルな営業支援が可能です。これにより、オンライン上から送客した実店舗への初回来店顧客に対しても、興味や関心に合わせた、顧客毎の商談やコミュニケーションが可能になります。インターネット上での認知から実店舗での購買まで、一連のプロセスにおけるオンラインとオフラインを跨いだユーザーの顧客体験向上が実現します。
尚、すでに大手銀行、生命保険、保険相談サービス、住宅仲介サービス等の事業者が、本件の導入を決定しております。

KARTE CX CONNECTとは

サイト間やドメイン間、オンライン・オフラインで分断された顧客の体験をKARTEで統合し、個別に最適な顧客体験を提供できるサービスです。エンジニアによる開発作業や複雑なシステム間連携を必要とせず、KARTEのみを介してワンストップで連携を開始できることで、顧客中心のマーケティング活動を促進します。

詳細はこちらのプレスリリースをご覧ください。
https://plaid.co.jp/press/data/20171204-1.html

KARTEについて

「KARTE」は、サイトへ来訪したお客様の特徴や行動をリアルタイムに解析して可視化し、個々のお客様にあわせたコミュニケーションを実現するサービスです。
メールやLINE、SMSやブラウザ通知など、サイト外にいるお客様へのアクションも可能です。2015年3月にサービスを開始し、累計解析ユーザー数は12.5億人、年間のEC領域解析売上金額は5000億円、導入社数は1,430社(2017年2月末時点)を超えています。

■ 本件に関するお問い合わせ先

株式会社プレイド 広報  櫻井(さくらい)
Eメール:press@plaid.co.jp

このエントリーをはてなブックマークに追加