ニュースNEWS

English below

プレイドが総額約27億円の資金調達を実施

 CXプラットフォーム「KARTE」を提供する株式会社プレイド(東京都品川区:代表取締役社長 倉橋健太、以下「プレイド」)は、既存株主であるフェムトパートナーズ有限責任事業組合、Eight Roads Ventures Japan、に加え、新たに三井物産株式会社、三井住友海上キャピタル株式会社、SMBCベンチャーキャピタル株式会社、みずほキャピタル株式会社、三菱UFJキャピタル株式会社(※敬称略、順不同)を引受先とする第三者割当増資、及びみずほ銀行、三井住友銀行等からの借入れにより総額約27億円の資金調達を実施いたしました。


左:代表取締役社長 倉橋健太 右:取締役CTO 柴山直樹
(撮影/JAM HOME MADE 東京店)

当社はこれまでにフェムトグロースキャピタル投資事業有限責任組合、Eight Roads Ventures Japanから約6.5億円の資金調達を実施しています。「KARTE」のクローズドβ版の提供を開始した2014年7月以降における累計調達総額は約34億円になります。

「KARTE」が正式にローンチした2015年3月以降、導入企業・サイト数は純増を続けており、各導入サイトのユニーク・ユーザー数を足し上げた3年間の累計解析ユーザーは22億人、導入企業の約半数となるECの年間売上解析金額は、5,480億円にのぼります。

売上においても、事業収益は2017年3月に単月黒字化を達成。KARTEのようなクラウドで提供する企業向けソフトウェア(いわゆるSaaS)サービスの成長指標として、主に海外のスタートアップ業界で使われる「T2D3」※を上回るペースを、オーガニックな成長(本格的なマーケティング投資前の自立的な成長)で達成しており、世界的なSaaSサービスと比べて遜色ない成長を続けています。

※「T2D3」とは、「Triple,Triple, Double, Double, Double」の略で、サービス開始以降、3倍、3倍、2倍、2倍、2倍...と毎年売上が成長することを指します。主に海外のスタートアップ業界で使われる用語で、成功するクラウド・SaaS系サービスの指標となっています。実際にSalesforceやWorkday(人事向けクラウドサービス)などが、この指標に当てはまる急速な成長を遂げています。

資金調達の目的について

今回調達した資金は主に、1)マーケティング投資を本格的に開始 2)アプリなど事業領域拡大に伴う投資及び全職種における採用活動の強化 3)非ECカテゴリ(不動産や金融など)への本格普及やアプリ領域への拡大などで、圧倒的速度で増え続けるデータを解析しながら更にスケールさせられる開発体制の構築 などへの投資を予定しています。
また、北米、台湾、シンガポールなど、一部海外地域での「KARTE」導入が既に始まっており、海外への本格進出に向けた準備及び、「K∀RT3 GARDEN」(カルテガーデン)をはじめとした、研究開発への投資も加速していきます。

引受先の概要

  • フェムトパートナーズ有限責任事業組合
    (東京都渋谷区神宮前五丁目53番67号 ゼネラルパートナー:磯崎 哲也)
  • Eight Roads Ventures Japan
    (東京都港区六本木七丁目7番7号 日本代表:デービッド・ミルスタイン)
  • 三井物産株式会社
    (東京都千代田区丸の内一丁目1番3号 代表取締役社長:安永 竜夫)
  • 三井住友海上キャピタル株式会社
    (東京都中央区京橋一丁目2番5号 取締役社長:石上 壽一)
  • SMBCベンチャーキャピタル株式会社
    (東京都中央区内八重洲一丁目3番4号  代表取締役社長:石橋 達史)
  • みずほキャピタル株式会社
    (東京都千代田区内幸町一丁目2番1号  代表取締役社長:齊藤 肇)
  • 三菱UFJキャピタル株式会社
    (東京都中央区日本橋一丁目7番17号 代表取締役社長:半田 宗樹)

既存株主で追加出資を決定したフェムトパートナーズ有限責任事業組合磯崎 哲也 氏、
Eight Roads Ventures Japan デービッド・ミルスタイン 氏 それぞれよりコメント

フェムトパートナーズ有限責任事業組合 ゼネラルパートナー:磯崎 哲也 氏

今や「KARTE」は、解析するトラフィック量が日本有数のサイトと同等にまでなり、プレイドには日本のスタートアップでもトップクラスのメンバーが集結して、素晴らしい企業文化が形成されていると思います。今回の投資を受けて、日本市場での成長をさらに加速するとともに、Webやアプリの歴史を変えるプロダクトにしてまいりましょう!

Eight Roads Ventures Japan 日本代表:デービッド・ミルスタイン 氏

我々が投資してからの三年間、PLAIDのプロダクトはこれまでも常に「違い」を生み出してきました。事業も加速度的に成長を続けており、今回の資金調達に追加投資で参加できることを大変嬉しく思っています。チームの皆さんが描くプロダクトの世界観は今後もより大きく広がっていきます。新しい未来を切り拓き、グローバルなSaaSカンパニーとして成功を収めることを期待しています。

「KARTE(カルテ)」について

「KARTE」は、ウェブサイトへ来訪したお客様の行動をリアルタイムに解析して一人ひとり可視化し、個々のお客様にあわせた自由なコミュニケーションをワンストップで実現するCX(顧客体験)プラットフォームです。2015年3月にサービスを開始しました。
高い拡張性を備えているため、オンサイトに限らず様々なシーンでお客様とのコミュニケーションができることはもちろん、既存サービスとの連携も柔軟で、マーケティングの課題やニーズに合わせた様々な活用が可能です。 KARTEは、あらゆるデータから圧倒的な顧客理解を可能とし、エンドユーザーにおける体験価値(CX)の向上を実現します。

URL:https://karte.io/

■ 本リリースに関するお問い合わせ

株式会社プレイド 広報 櫻井
press@plaid.co.jp


PLAID Inc., Raises 2.7 Billion JPY in Funding

Shinagawa, Tokyo - PLAID Inc. (CEO Kenta Kurahashi, hereinafter referred to as “PLAID”), the creator of the CX platform “KARTE” for digital marketers, raised a total of 2.7 billion JPY in funding through private equity placement with existing shareholders, Femto Startup LLP, Eight Roads Ventures Japan, and new underwriters MITSUI & CO., LTD. , MITSUI SUMITOMO INSURANCE Venture Capital Co.,Ltd., SMBC Venture Capital Co.,
Mizuho Capital Co.,Ltd., Mitsubishi UFJ Capital Co., Ltd. (in random order), in addition to bank loans from banks including Mizuho Bank and Sumitomo Mitsui Banking Corporation.


Left: CEO Kenta Krahashi
Right: CTO Naoki Shibayama

Up to this date, PLAID had already raised approximately 650 million JPY from Femto Startup LLP and Fidelity Growth Partners Japan. Accumulated total amount of funding since the release of closed beta version of “KARTE” in July 2014 adds up to approximately 3.4 billion JPY.

Since its official launch in March 2015, number of web-sites and companies implementing “KARTE” have continued to increase. Within these three years, it has analyzed an accumulated total of 2.2 billion users, and up to 548 billion JPY of total annual sales for EC clients, which accounts for approximately half of our clients.

In terms of operating revenue, we have successfully achieved monthly surplus in March 2017. KARTE has been organically growing at a rate succeeding the growth index ”T2D3”*, an index used mainly at overseas software provider for business through cloud system (so called SaaS). Its growth stands comparison with globally known SaaS services.

* “T2D3” is a short for “triple, triple, double, double, double”, referring to a company’s annualized revenue growth. It is mainly used in overseas start-up business circle and considered as an index for a successful cloud/SaaS service. As a fact Salesforce and Workday (cloud service for human resources) went through a rapid growth that trace this index.

Objectives of Funding

The main objectives of this fund raising are:
1) to begin a full-scale marketing investment
2) to strengthen hiring activity in all profession in association with expansion of business area such as mobile applications
3) to construct a scalable development framework to handle increasing data along with the business spread into non-EC categories (such as real-estate, financial industry)

Furthermore we have already started KARTE implementation to some overseas companies in area such as North America, Taiwan and Singapore, and will accelerate our movements towards full-scale entry into overseas market as well as our investments to R&D projects, “K∀RT3 GARDEN” (KARTE GARDEN) as an example.

Underwriters

  • Femto Partners Inc. 
    (5-53-67 Jingumae, Shibuya-ku, Tokyo General Partner: Tetsuya Isozaki)
  • Eight Roads Ventures Japan
    (7-7-7 Roppongi, Minato-ku, Tokyo Head of Japan: David Milstein)
  • MITSUI & CO., LTD.
    (1-1-3 Marunouchi, Chiyoda-ku, Tokyo President & CEO: Tatsuo Yasunaga)
  • MITSUI SUMITOMO INSURANCE Venture Capital Co.,Ltd.
    (1-2-5 Kyobashi, Chuo-ku, Tokyo President: Hisakazu Ishigami)
  • SMBC Venture Capital Co.,Ltd.
    (1-3-4 Yaesu, Chuo-ku, Tokyo President: Tatsufumi Ishibashi)
  • Mizuho Capital Co.,Ltd.
    (1-2-1 Uchisaiwai-cho, Chiyoda-ku, Tokyo President: Hajime Saito)
  • Mitsubishi UFJ Capital Co., Ltd.
    (1-7-17 Nihonbashi, Chuo-ku, Tokyo President: Muneki Handa)

About KARTE

“KARTE” is a one-stop service that provides a prompt analysis and a real time visualization of web site visitors’ behavioral data on a per-person level, to allow marketers to make appropriate communications with each and one of their customers. The service began in March 2015. With its high extensibility, communication with the customers are not limited to online and can be spread into multiple scenes and channels. It also has the flexibility to integrate with any other existing services allowing different ways to approach each business owner’s marketing needs. KARTE lets you understand your customer deeply from various data and create a better customer experience (CX).

URL:https://karte.io/

If you would like more information about the topic, please email Yukiyo Sakurai, Public Relations, at press@plaid.co.jp.

このエントリーをはてなブックマークに追加